1/6ドールの写真を載せています。メインはジェニーフレンドのシオン&ミツキで、FashionRoyaltyなども守備範囲。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
北海道鳥見旅2010~サロベツ原野~
2010-06-29 Tue 21:22
旅の記録・その2です。
こちらは道北の巨大な湿原、サロベツ原野の鳥と花の記事です。
今回は鳥の写真が多め。

南北10kmほどある巨大な湿原・サロベツ原野の北部にある、サロベツ原生花園です。
hokkaido_sarobetsu_1.jpg
ここは昼間は観光バスも良く来るところで、人が多いんですが
写真は早朝のなのでだ~れも写ってません。


また長いので折りたたんでおきます。




昼間の写真です。
hokkaido_sarobetsu_2.jpg
エゾカンゾウがたくさん咲いています。
手前の花の上に、黄色い小鳥が乗ってるのが分かるでしょうか?
キマユツメナガセキレイという、日本では道北でしか繁殖していない鳥です。
アップの写真はまた後で。

こちらは日の出の写真です。
hokkaido_sarobetsu_3.jpg
ワタスゲの白い綿毛が野に浮かんでいるようで、幻想的でした。

サロベツ原生花園といえばシマアオジ!
かつては北海道中で見られたという小鳥なんですが、今では激減してしまい
見られる場所がごく限られるようになってしまいました。
日によっては早朝にしか見られないというので、2時半に起きてスタンバイしてたんですが
その甲斐がありました~~~。

4時半前、憧れのシマアオジが現れたときには、感激して目が潤んでしまいました。
その時はまだ他に誰もいなかったので、この日の朝一番は私が独り占め・・・!
一瞬現れてはまた草の中に消えるので、写真は撮ってません。
一カ所に留まってくれる鳥なら、記念に写真を撮ってみるようになりましたが、
私は観察がメインなので、ただ姿が見られれば満足です。

姿は何度か見せてくれましたが、強風のせいか「草原のフルート奏者」と
いわれる美声は聞けず・・・・残念。
いつかシマアオジの数が回復して、
美しいさえずりがあっちからもこっちからも聞こえるようになるといいんだけどなぁ。



さて、シマアオジを見て満足した後は、サロベツ原野の南部へ移動しました。
こちらにもビジターセンターや木道があるんですが、原生花園より人が少なくて
私はこっちのほうが気に入りました。

幌延ビジターセンター2階からの眺め
hokkaido_sarobetsu_4.jpg
沼あり、林ありで、原生花園よりも多様な環境です。

早朝の写真なのでちょっと暗いですが、花の中がちょっと赤いのでオゼコウホネかな?
赤いところがないのがネムロコウホネ・・・・らしいです。
hokkaido_sarobetsu_16.jpg
コウホネ、ネムロコウホネ、オゼコウホネ、の3種が自生しているというのは
珍しいのだそうです。他にも、ヒツジグサやジュンサイなど色々な水生植物があります。

よくさえずっていたコヨシキリ。
hokkaido_sarobetsu_5.jpg
姿は地味だけど、良い声の持ち主です。


ビジターセンター周辺の木道は幅が広くて歩きやすいです。
写真の沼は長沼。
hokkaido_sarobetsu_6.jpg
広い木道はここまで。
この先はパンケ沼へ向かって細い木道が約3km続きます。


長沼のまわりにはツメナガセキレイがいっぱい!!
かなり近くにも止まってくれるので、肉眼でもよく見えます。
hokkaido_sarobetsu_8.jpg

よくトンボを捕まえてました。うまく羽をむしってから運んでいきます。
hokkaido_sarobetsu_7.jpg
名前の通り、足の爪が長いのが分かる写真が撮れました。


木道脇にはいろんな花も咲いてます。これはイソツツジ。
hokkaido_sarobetsu_14.jpg


アカエリカイツブリが木道にかなり近いところで繁殖中!!
hokkaido_sarobetsu_9.jpg
ずいぶん物怖じしない鳥ですねぇ・・・・。
タイミング良く、抱卵中の卵も見えました。
よく行く場所のカイツブリも、人から近い、丸見えのところで堂々と営巣してますが
カイツブリの仲間ってそういうものなんでしょうか。


この場所が気に入ったので、奥の細い木道も歩いてみました。
hokkaido_sarobetsu_10.jpg

細い木道のあたりはササで覆われたところも多く、長沼周辺より乾燥しているようです。
すこし環境が違えば住む鳥も違い、こちらにはウグイス、アオジなどが登場します。

ノビタキの雄
hokkaido_sarobetsu_11.jpg
スズメより小さい、かわいらしい鳥です。
この鳥は北海道中あちこちで見られます。

雌はこんな感じ。
hokkaido_sarobetsu_13.jpg

巣立ち雛も1羽見られました。
hokkaido_sarobetsu_12.jpg
ちょっと遠かったし、ピントが合ってないですが・・・。
まだ短い尾羽とか、ぽわぽわの頭とか、なんってかわいいんだ~~!!


他の人に一度も遭遇しないまま3km歩き終えて(笑)
パンケ沼にたどりつきました。
hokkaido_sarobetsu_15.jpg
この日の強風で濁ってるのかな?と思いきや、泥炭がとけ込んでるので
元から赤茶けてる沼なんだそうです。
全然見えないけど、この沼には朱いフナやテツギョという金魚とフナの中間の様な魚がいます。
岸辺には、湿原を形成する土台になっている、泥炭の様子がよく見えて興味深いです。

ラッキーなことに、ここでオジロワシが見られました。
か~な~り遠かったけど、魚を捕ろうとする様子なども見られて嬉しかった~。




あぁ、北海道、楽しかったなぁ。
羽田空港に降りた瞬間、モワッとした湿度だけでもう嫌になりました。
一昨日まで北海道にいたなんて、なんだか夢だったみたいな気分です。
北海道に帰りたいよ~~~。


別窓 | その他の情報 | top↑
| 夜鴉館 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。