1/6ドールの写真を載せています。メインはジェニーフレンドのシオン&ミツキで、FashionRoyaltyなども守備範囲。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
一日江戸人
2008-01-04 Fri 20:13
杉浦日向子さんの『一日江戸人』という本を読みました。
お江戸の庶民の暮らしぶり、将軍の一日のスケジュール、
時代による美人像の移り変わりなどをイラスト&エッセイでまとめてあって、
とても面白い!

この本の中で、江戸時代にはどんな男性がモテてたのか、というページが
あったんですが・・・・

まず、三大モテ男は
○火消し・・・・頼りがい満点、渋い男前!
○力士・・・・・遊び方も豪快なスポーツマン!
○与力・・・・・侍だけど庶民的なところがあって粋!
だったそう。
それ以外だと、色白・細面の大店の若旦那とかもモテたらしい。
そりゃ、お金持ちで顔も良ければもてますよね~。

意外だったのが、一般的に男も色白な方がいいとされていた、ということ。
日に焼けて筋肉むきむきというのはそこらにたくさんいたので、
色白で細っこい方が希少価値があったそうな。
肉体労働しなくていい=お金持ちってこともあったようですが。

美しいお肌にするために、男性でもぬか袋で体を洗ったり、
軽く白粉を塗ってみたり。
力士だってお肌を磨き込んで白くてつやつや、
やくざな人々も、入れ墨なんて彫らずに傷ひとつない白い肌を自慢したそうです。
へぇ~~~

お金持ちは帯や小物にさりげな~く舶来品を使ったりしてセンスと豊かさを
アピールしたそうですが、庶民はそう言うわけにもいきません。
なので、輝く白い歯(江戸っ子は歯磨き大好きだったらしい)などで清潔感を、
まくりあげた袖や裾から覗く素肌で健康的な色気をアピールしたそうな。


というわけで(?)、男着物をちょっと着崩してみる実験↓

着崩すといったらこいつだ!という訳で、銀髪兄弟・兄をモデルに抜擢。
まず、襟元をちょっとゆるめにしてみる。
hakuhou_tomomori_kimono_kasa_5

やっぱ襟元ゆるめが似合うな~
hakuhou_tomomori_kimono_kasa_4


さて、もうすこし着崩してみたい・・・んですが、
襦袢を作らず半襟だけの横着仕立てな上、着物に使った生地のハリも影響して
出来ることは限られてくるのでした・・・・
hakuhou_tomomori_kimono_kasa_1

まぁでも、素体の間接があんまり見えないこのくらいでやめておいて正解かな?

いや~、それにしても着物っていいですね
背景を3回も換えてるあたりに、私のノリノリっぷりがにじみ出ちゃってますね^^;
hakuhou_tomomori_kimono_1



   『一日江戸人』は最初から順番に読んでもよし、
   好きなところから読んでいってもよし。
   分かりやすいイラストがいっぱい、でも少女漫画絵じゃないので
   非オタクでも読みやすいと思います。おすすめです~。
   



別窓 | 他の服 | top↑
| 夜鴉館 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。