1/6ドールの写真を載せています。メインはジェニーフレンドのシオン&ミツキで、FashionRoyaltyなども守備範囲。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
リトルファクトリーin横浜 レポート6
2009-12-21 Mon 23:53
昨夜からイベントレポにたくさんの拍手をありがとうございます
昨夜最後の記事(レポ5)にHI-BASICの写真を3枚追加しましたので、良かったらご覧下さい。


さて、長くなったリトファレポも、これでようやく最後です。
・・・・昨夜半分以上書いておいたはずの下書きが、すっかり消えてるのはなんでなんだあぁ


キャスコレ20のドールたち。littlefactory200912_CC20_1.jpg

つづきにはキャスコレのアップの写真が3枚。
それとイベント全体の感想です。



ミツキ、シオン、キサラ。私の好きなフレンドたち!littlefactory200912_CC20_2.jpg
実物とちょっと違う色に撮れてます^^;
シオンの目はもう少し緑っぽく見えた気がする。

ショートカットのシオンは欲しいんだけど、どうしようかな~。
ちょっと個体差ありそうですよね、この髪型。


littlefactory200912_CC20_3.jpg
サユリの鮮やかな赤い髪が目を惹きます。となりのマリーンの髪色が自然でいい感じ。

今回のキャスコレは色髪が豊富ですよね。
littlefactory200912_CC20_4.jpg
緑や青も思ったよりきれいでした。
あんまり良く撮れてなかったので載せませんが、ナオミやちひろの自然な髪色もいい感じでしたよ。





会場の写真をようやく載せ終わったので、最後に全体の感想を書いて終わります。
長ったらしいし、さして良いことは書いてないので、そういうのが嫌な方は読み飛ばして下さいね。






今回の印象を一言でいうと・・・・狭かった!!これに尽きます。
サンクスフェアやもっと大きいイベントに慣れてるせいもあるかもですが。

まず、開場前の待機スペースが狭い!
会場へは2台のエレベーターを使うしか行きようがなかったんですが、
エレベーターと会場の扉の間のフロアが13時には人だらけで、さらにエレベータ到着の度に
人口密度が高くなってました。
ハッキリとした数は数えなかったけど、50人とかその位の人数だったかなぁ。

開場時には乗車率100%位の状態(満員電車ほどではない)で、待機列ってなんですか状態でした。
まぁ、扉が開いた後も、一気になだれ込んでいくようなことはなく
なんとなく列っぽい形を保ちながらの入場になりましたが。


会場内も狭かったです。
時間が経ってもさして人が減らなかった感じがしたので、そのせいもあるだろうけど。

今回はドールなどの展示が背景付きだったり、以前より良くなってたと思うんですが
入り口・レジのほんとにすぐ側に展示コーナーがあったので、コートや荷物がかすめたりして
ドールを倒してしまうのを、いつもよりたくさん見かけました。
(撮影しようとして倒してしまう場合も多かった・・・これは狭さに関係なく気をつけるべきだと思います。
 カメラやケータイのストラップが危険なんですよね~)


何もかも都合の良い会場を探すのは難しいと思うので、
狭いなら狭いでしょうがないと思います。
でも、こういう会場の時には休憩スペースにもうちょっと工夫が欲しいと思いました。

もともとリトファ待ちのために作られたスペースだったと思うので、
長時間居る人が多いのが当然といえば当然なんですが・・・・
今回は会場の都合か丸テーブルで、ほとんどのテーブルが早い時間から
グループ客の席になっていて、ちょっと近寄りにくかったです。
いや、どうしても疲れてたら、相席して良いですか?って聞けば皆さん入れて下さるんでしょうが、
そこまで切羽詰まってはいないし。丸テーブルの席が1つ2つ空いてたって、入れませんって。
なので当然、アンケートも書けませんがな。

前回のイベントでも席の話を書いた気がしますが、
グループでの歓談が悪いって言いたい訳じゃないんです。
 (未会計の商品を「自分たちの席」に大量に持ち込み、そこでゆっくり吟味、
  というのは止めて欲しいですが)
ただ、最近のリトファイベントははじめの頃よりも物品販売の比重が大きくなってます。
ってことは、リトファはせずに買い物だけの客も多くなってるはず。
そういう客も休憩・アンケートしやすいようにしてもらえると嬉しいなと。

例えば、ふつうの休憩コーナーの他に、テーブルなしで椅子だけのものをいくつかと
アンケート書きや荷物整理に使える机を置いたらどうかなとか。
アンケート用紙&ペン(できれば台紙にはさんで)、それとアンケート回収箱を入り口付近に設置して、
どこでも書けるようにするとか。
・・・・まさにこういうことをアンケートに書きたいんだってば!!




さて、狭さの他にどうしても気になったことがありまして・・・・・
私の心の狭さを露呈する様で気が引けて、今まで書かなかったんですが、
今回特に気になったので、もう書いちゃいます。

キャッスルのイベントってなんであんなに、無造作に展示に手を触れる方が多いの???

ドルショなどで「Don't touch!!」なのに慣れているのもあって、何度見ても違和感があります。
ドルショの展示は個人の持ち物だけど、キャッスルのは企業が出してるサンプルだから、
また話が違うんだろうなとは思うんですが・・・・。
手を触れるなと書いてある訳じゃないし、キャッスル側で何も言わないものを
ただの客がどうこう言ってもね~とも思うし。
(展示が乱れるから触っちゃダメ、じゃなくて、乱れたら直しますってスタンスなんでしょうか。
 最近、けっこうこまめに展示を手入れしてる感じがします)

うっかり倒しちゃったときに直すのは納得だし、
髪がひどく乱れているのを、とても優しい手つきで直しているのを見たときは共感もしたんですが。
そうじゃなくて、スカートをめくって裏地を確かめてる?とか、
自分が撮影しやすいように向きや位置を変えるとか、
子供が展示ドールを触りまくってるのを、見てる親御さんが何も言わないとか・・・・

あの感じを見てると、あたギャラの募集があっても応募はできないな~と思います。
だってさー、自分の人形は「かわいいうちの子」な訳で。
それを不特定多数に触られそうな場所に出すとか、絶対イヤ!
(丸刈りにしたり熱湯かけたりするし、頭だけの状態で収納したりもするのに(笑))


・・・・あーー、我ながら心がせまいですね・・・・。
でも、書いたらスッキリしました。
読んで下さった方にご不快な思いをさせてしまっていたらごめんなさい。



長くなりましたが、記事を読んで下さった皆さん、どうもありがとうございました。


別窓 | イベントレポ | top↑
| 夜鴉館 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。